コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分(か)れる ワカレル

デジタル大辞泉の解説

わか・れる【分(か)れる】

[動ラ下一][文]わか・る[ラ下二]
一つのものが二つ以上になる。べつべつになる。「道が四方に―・れる」「二手に―・れて敵を追う」
一つのものがいくつかに区分される。「三章節に―・れる」
区別がつく。差異を生じる。「意見が―・れる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

分(か)れるの関連キーワードナツノハナワラビ(夏の花蕨)ヌサトゥンガラバラット州シケチシダ(湿気地羊歯)クサソテツ(草蘇鉄)ナイロ=サハラ語族スコットランド方言オクシデンタル山脈総腸骨動脈・静脈オリエンタル山脈膝窩動脈・静脈西ヒンディー語ゴーンディー語ザガイン管区ヘンティー州ウォルカイ人ソリゴルスクサリシュ語族ノース岬海流ウムヌゴビ州化学パルプ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android