断切る(読み)タチキル

デジタル大辞泉「断切る」の解説

たち‐き・る【断(ち)切る】

[動ラ五(四)]
(「裁ち切る」「截ち切る」とも書く)刃物などで切りはなす。「布を半分に―・る」
かかわりやつながりを切って、関係をなくす。「腐れ縁を―・る」「未練を―・る」
さえぎり止める。遮断する。「補給路を―・る」
[類語]切り離す外す分ける分かつ離す分離する分かれる割れる離れる外れる離脱分裂分解解体独立分割四分五裂遊離隔たる遠ざかる遠のく離隔隔絶乖離かいりちぎれる張り裂ける折るへし折る折る折れる畳む折り畳む折り重ねる折れ曲がる折り曲げる曲がる折損屈折曲折屈曲真っ二つばらすぽっきりぽきりぼきぼきぽきぽきぼきりぽきんぼきんばきばきぱきぱきめりめりみりみりばりばり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android