コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣岳 つるぎだけ

2件 の用語解説(剣岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剣岳
つるぎだけ

富山県東部,立山連峰の中央部にある峰。標高 2998m。山体は飛騨変成岩類の閃緑岩,斑糲岩で構成され,それを輝緑岩が貫いている。雪氷の浸食により剣のように鋭角的な岩峰が形成された。日本海に近く積雪が多いため平蔵,長次郎,三ノ窓,小窓などの雪渓が発達しており,いずれも氷河期において懸垂氷河のかかった氷食谷である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つるぎ‐だけ【剣岳】

富山県東部、飛騨山脈立山連峰北部の一峰。標高2999メートル。鋭い岩峰、険しい岩壁が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剣岳の関連キーワード後立山連峰呉羽丘陵五竜岳常願寺川大日岳連峰立山連峰の清水富山県中新川郡立山町富山県中新川郡富山県中新川郡立山町室堂

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

剣岳の関連情報