コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣岳 つるぎだけ

2件 の用語解説(剣岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剣岳
つるぎだけ

富山県東部,立山連峰の中央部にある峰。標高 2998m。山体は飛騨変成岩類の閃緑岩,斑糲岩で構成され,それを輝緑岩が貫いている。雪氷の浸食により剣のように鋭角的な岩峰が形成された。日本海に近く積雪が多いため平蔵,長次郎,三ノ窓,小窓などの雪渓が発達しており,いずれも氷河期において懸垂氷河のかかった氷食谷である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

剣岳の関連情報