コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北檜山 きたひやま

2件 の用語解説(北檜山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北檜山
きたひやま

北海道南西部,せたな町北東部から中南部を占める旧町域。中北部を利別川が東西に流れ,西部は日本海に面する。 1955年東瀬棚町と太櫓村が合体して発足。 2005年大成町,瀬棚町と合体してせたな町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北檜山
きたひやま

北海道南西部、檜山支庁(現、檜山振興局)管内にあった旧町名(北檜山(ちょう))。現在は久遠(くどう)郡せたな町の北東部から中央部を占める地域。1955年(昭和30)東瀬棚(ひがしせたな)町と太櫓(ふとろ)村が合併して、北檜山町が成立した。2005年(平成17)、久遠郡大成(たいせい)町、瀬棚(せたな)郡瀬棚町と合併、せたな町となる。旧村域は日本海に面し、旧村域内で国道229号と230号が会合する。国鉄瀬棚線が通っていたが、1987年廃止された。遊楽部(ゆうらっぷ)岳、太櫓岳など1000メートル級の山があり、それに続く丘陵地ではジャガイモなどの畑作や酪農、肉牛、ブタ、ニワトリなどの飼育が行われる。太櫓川、利別(としべつ)川(後志(しりべし)利別川ともいう)流域には水田が開ける。太櫓海岸ではヒラメ、サケ・マス、ウニなどを漁獲する。町の北部を流れる真駒内(まこまない)川の熊戻(くまもどり)渓谷は新緑、紅葉に優れる。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北檜山の関連情報