コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北檜山 きたひやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北檜山
きたひやま

北海道南西部,せたな町北東部から中南部を占める旧町域。中北部を利別川が東西に流れ,西部は日本海に面する。 1955年東瀬棚町と太櫓村が合体して発足。 2005年大成町,瀬棚町と合体してせたな町となった。南部は渡島山地,北部は利別川流域の平地で,米作とジャガイモなどの栽培や酪農が盛ん。漁業も行なわれ,ウニ,ホタテなどの水揚げがある。太櫓海岸,小川高原の景勝地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北檜山
きたひやま

北海道南西部、檜山支庁(現、檜山振興局)管内にあった旧町名(北檜山町(ちょう))。現在は久遠(くどう)郡せたな町の北東部から中央部を占める地域。1955年(昭和30)東瀬棚(ひがしせたな)町と太櫓(ふとろ)村が合併して、北檜山町が成立した。2005年(平成17)、久遠郡大成(たいせい)町、瀬棚(せたな)郡瀬棚町と合併、せたな町となる。旧村域は日本海に面し、旧村域内で国道229号と230号が会合する。国鉄瀬棚線が通っていたが、1987年廃止された。遊楽部(ゆうらっぷ)岳、太櫓岳など1000メートル級の山があり、それに続く丘陵地ではジャガイモなどの畑作や酪農、肉牛、ブタ、ニワトリなどの飼育が行われる。太櫓川、利別(としべつ)川(後志(しりべし)利別川ともいう)流域には水田が開ける。太櫓海岸ではヒラメ、サケ・マス、ウニなどを漁獲する。町の北部を流れる真駒内(まこまない)川の熊戻(くまもどり)渓谷は新緑、紅葉に優れる。[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北檜山の関連キーワード北海道久遠郡せたな町せたな[町]せたな(町)瀬棚[町]穴沢祐造尾花岬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android