十和田[市](読み)とわだ

百科事典マイペディアの解説

十和田[市]【とわだ】

青森県東部の市。1955年市制,三本木市となり,翌年改称。北西は八甲田山,南西は十和田湖に及ぶ。中心市街の三本木は三本木原の中心都市で,新渡戸伝が開拓してから発達。市街が整然と区画され,なかでも官庁街通り(駒街道)は〈日本の道百選〉〈新日本百景〉に選ばれ,市民に親しまれている。付近農村地帯の中心地で,長芋とにんにくを特産。古くから馬の飼育が盛んな所であったが,最近は酪農が盛んとなった。奥入瀬渓流や点在する温泉があり,十和田観光の基地でもある。2005年1月上北郡十和田湖町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。725.65km2。6万6110人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とわだ【十和田[市]】

青森県東部,三本木原の中心にある市。1955年三本木町,大深内(おおふかない)村,藤坂村が合体して三本木市となり,56年改称。人口6万2418(1995)。かつては水に乏しく開拓の遅れた原野であったが,1855年(安政2)ころ南部藩士新渡戸伝(にとべつとう)により奥入瀬(おいらせ)川の水を引き入れて開拓され,農業的基盤が確立されてから発展した。この街は開拓事業の進行とともにしだいに発達し,道路も東西・南北に碁盤の目のように整然と走り,道幅も広く計画された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android