参勤交替(参覲交代)(読み)サンキンコウタイ

とっさの日本語便利帳 「参勤交替(参覲交代)」の解説

参勤交替(参覲交代)

江戸幕府の諸大名統制策の一つ。いわば人質として江戸屋敷妻子を住まわせ、それをもって忠誠の証としたもの。一六三五年の武家諸法度によって明文化制度化された。一年ごとに往復するのが普通で、参勤時期は大名ごとに定められた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報