コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祟る タタル

2件 の用語解説(祟るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たた・る【×祟る】

[動ラ五(四)]
神仏や怨霊(おんりょう)などが災いをする。「物の怪(け)に―・られる」
何かが原因となって悪い結果が生じる。「無理が―・って病気になる」「日ごろの不勉強が最後まで―・る」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たたる【祟る】

( 動五[四] )
神仏・怨霊・物の怪などが災いをする。 「悪霊が-・る」 「ふりにし恋の神さびて-・るに/古今 雑体
ある行為が原因となって悪い結果をもたらす。 「無理が-・って病む」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祟るの関連情報