コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口書(き) クチガキ

デジタル大辞泉の解説

くち‐がき【口書(き)】

筆を口にくわえて書や画をかくこと。
手紙などの書き出し。はしがき。序言。
江戸時代、被疑者などの供述を記録したもの。足軽以下、百姓町人に限っていい、武士の場合は口上(こうじょう)書きという。

こう‐しょ【口書】

口書き3」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くちがき【口書】

江戸時代の調書。武士,寺社などの場合は〈口上書〉と称した。吟味筋の裁判(刑事裁判)では,審理が熟すると各被疑者ごとに自白を録取した口書を作成し,原則として奉行の面前で朗読したうえで押印(印形またはつめ印,武士は書判)させる(〈口書読聞(よみきけ)〉の手続)。この口書を〈吟味詰(つま)り之口書〉といい,犯罪事実はこれによって認定され,あとは書面審理で刑罰が決定される。また出入筋では,原被両告の主張を1通の口書に併記し(金公事(かねくじ)はさらに略式),朗読して押印させた後に奉行が確認を行い,これを基に裁許を申し渡した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の口書(き)の言及

【吟味筋】より

…町奉行所では吟味方与力が白洲とは別の場所で取り調べた。審理は被疑者の自白(白状)を得ることを目的とし,その犯罪事実は役人が書式に従って口書(くちがき)に録取した。口書ができると奉行は法廷に出座し,事件(一件)の関係者一同を集め,役人が口書を読み聞かせて(口書読聞(くちがきよみきけ))押印させ,あるいはすでに押印させた口書を確認させた(口書口合(くちがきくちあわせ))。…

※「口書(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

口書(き)の関連キーワードホプキンズ(Gerard Manley Hopkins)ポーター(Katherine Anne Porter)クレーン(Stephen Crane)学生社会科学連合会アイルランド文学軍事教練反対運動山田右衛門作イギリス演劇スナイダートウェーンスシュルタイェーツ江戸時代バイロン学連事件鷹の井戸口上書き黎明会新人会口上