コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀春江 こがはるえ

7件 の用語解説(古賀春江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古賀春江
こがはるえ

[生]1895.6.18. 久留米
[没]1933.9.10. 東京
洋画家。久留米市善福寺住職古賀正順の長男。幼名は亀雄,春江は通称。 1912年上京して太平洋画会研究所に通い,翌年日本水彩画会研究所に入り石井柏亭に師事。一時僧籍に入り大正大学に入学したが,中退して画作を続け日本水彩画会会員となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こが‐はるえ【古賀春江】

[1895~1933]洋画家。福岡の生まれ。本名は亀雄(よしお)で、後に僧籍に入り良昌と改名。キュビスムから出発、クレーふうの詩的幻想画を経て、晩年はシュールレアリスムの傾向を強めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古賀春江【こがはるえ】

洋画家。寺の住職の長男として福岡県久留米市生まれる。上京して太平洋画会研究所,日本水彩画研究所で学び,1922年《埋葬》で二科賞を受賞。同年中川紀元ら前衛画家と〈アクション〉を結成。
→関連項目神奈川県立近代美術館福岡県美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀春江 こが-はるえ

1895-1933 大正-昭和時代前期の洋画家。
明治28年6月18日生まれ。日本水彩画会研究所などでまなぶ。二科展に出品し,大正11年「埋葬」で二科賞。画風はキュビスムから詩的で幻想的な傾向をへて超現実主義へと移行した。昭和8年9月10日死去。39歳。福岡県出身。本名は亀雄(よしお)。作品に「煙火」「素朴な月夜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こがはるえ【古賀春江】

1895‐1933(明治28‐昭和8)
洋画家。福岡県久留米市の善福寺の長男として生まれた。本名亀雄(よしお)。中学時代から絵を習い,1912年中学を退学して上京,太平洋画会研究所,日本水彩画研究所に入った。16年から2年間大正大学に通ったが,かたわら作画を続け,思索的な性格から新興絵画の表現主義に興味をもつようになった。22年第9回二科展に出品の《埋葬》で二科賞を受賞。同年には前衛グループ〈アクション〉の結成にも参加し,以後二科展を中心に前衛的な作品を発表し続けたが,38歳で病死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こがはるえ【古賀春江】

1895~1933) 洋画家。福岡県生まれ。西欧の新風の摂取に努め、シュールレアリスムの傾向の強い前衛的作品を残した。代表作「素朴な月夜」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古賀春江
こがはるえ
(1895―1933)

大正後期から昭和初期の前衛洋画家。明治28年6月18日、福岡県久留米(くるめ)市の善福寺住職の長男として生まれる。本名亀雄(よしお)。1912年(大正1)上京して太平洋画会研究所に学び、翌年日本水彩画研究所に入り石井柏亭(はくてい)に師事する。15年僧籍に入り良昌と改名し、呼び名を春江とする。翌年宗教大学(大正大学の前身)に入学するが、病気で中退して画作に専念し、日本水彩画会会員となる。22年二科会に『埋葬』ほかを出品、二科賞を受けて注目され、同年中川紀元(きげん)ら二科会の若手前衛作家と「アクション」を結成し、キュビスム系の作品を発表した。26年二科会会友となり、このころからクレーの影響を受け詩的幻想画風に移っていく。さらにデ・キリコ、エルンストらを取り入れて、29年(昭和4)の二科展に出品した『海』『素朴な月夜』などにみるシュルレアリスム画風を確立するに至った。同年二科会会員となる。新感覚の詩作を試み、晩年は川端康成(やすなり)と親交があった。昭和8年9月10日没。[小倉忠夫]
『中野嘉一著『古賀春江――芸術と病理』(1977・金剛出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古賀春江の言及

【キュビスム】より

抽象芸術 日本におけるキュビスムの受容は1915年ごろに始まり,東郷青児,万鉄五郎らの作品にまずその反映がうかがえる。20年代に入ると,矢部友衛,古賀春江,黒田重太郎,川口軌外,坂田一男と,なんらかの形でキュビスムあるいはそれに類する様式を取り入れる画家はその数を増し,ひとつの流行の観を呈した。しかし彼らはキュビスムと未来派,あるいはキュビスムから派生したピュリスムや抽象的傾向を厳密に識別していたわけではなく,またそれぞれの理念を理解していたわけでもなかった。…

※「古賀春江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古賀春江の関連キーワード福岡県久留米市上津福岡県久留米市上津町福岡県久留米市篠山町福岡県久留米市高野福岡県久留米市西町福岡県久留米市東櫛原町福岡県久留米市本町福岡県久留米市御井町福岡県久留米市南福岡県久留米市宮ノ陣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古賀春江の関連情報