コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台ばかり(秤) だいばかり

1件 の用語解説(台ばかり(秤)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

台ばかり(秤)【だいばかり】

てこを利用したはかりの一種で,20kg〜50t程度の重い荷重を台にのせて測るもの。数個〜10個のてこを組み合わせて荷重を縮小し,目盛竿(ざお)の一端に導き,他端につり下げた増しおもりと目盛竿に沿って移動する送りおもりによって釣り合わせ数値を読む。
→関連項目はかり(秤)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

台ばかり(秤)の関連キーワード成分ブランディングカリクレイン流速計何処をはかとだら幹ブザーイエウサギ浮きばかりトーションバランスエジリノライト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone