コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台ばかり(秤) だいばかり

百科事典マイペディアの解説

台ばかり(秤)【だいばかり】

てこを利用したはかりの一種で,20kg〜50t程度の重い荷重を台にのせて測るもの。数個〜10個のてこを組み合わせて荷重を縮小し,目盛竿(ざお)の一端に導き,他端につり下げた増しおもりと目盛竿に沿って移動する送りおもりによって釣り合わせ数値を読む。
→関連項目はかり(秤)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

台ばかり(秤)の関連キーワードてこ(梃子)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android