合川[町](読み)あいかわ

百科事典マイペディアの解説

合川[町]【あいかわ】

秋田県北部,北秋田郡の旧町。米代(よねしろ)川支流の阿仁(あに)川と小阿仁川の合流点付近に主集落がある。秋田内陸縦貫鉄道が通じる。稲作を行うほか,養鶏も盛ん。北東部の大野台は広い洪積台地で,酪農が行われる。2005年3月北秋田郡鷹巣町,森吉町,阿仁町と合併し市制北秋田市となる。112.80km2。8004人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいかわ【合川[町]】

秋田県北部,北秋田郡の町。人口8546(1995)。阿仁川と小阿仁川の合流地域を占め,町名も1955年の町制施行の際にこれにちなんでつけられた。中心地は秋田内陸縦貫鉄道の合川駅前。阿仁川,小阿仁川沿いに耕地があり,69年から全国に先がけて全町圃場整備が行われ,近代的な稲作が行われている。北東部の洪積台地大野台は,1937年から県営の開発事業が進められ,酪農,養豚,養鶏が盛ん。小阿仁川流域は秋田杉美林で知られ,製材所なども多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android