コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南北朝正閏問題 なんぼくちょうせいじゅんもんだい

百科事典マイペディアの解説

南北朝正閏問題【なんぼくちょうせいじゅんもんだい】

1911年国定歴史教科書の南北朝並立の見解をめぐって起こった論争。並立説で三上参次,北朝正統で吉田東伍,南朝正統で黒板勝美らが論戦。議会では藤沢元造が政府に質問書を提出,第2次桂太郎内閣は南朝正統を閣議で決定し,並立説を採用していた教科書《尋常(じんじょう)小学日本歴史》の編者で文部省の喜田貞吉を休職処分とし教科書を改訂,南北朝の項が吉野朝にかえられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんぼくちょうせいじゅんもんだい【南北朝正閏問題】

中世の南朝と北朝のどちらが正統であるかをめぐる論争で,1911年政治問題となった。これについては古くから議論のあるところで,北畠親房の《神皇正統記》は南朝説,《梅松論》は北朝説にたち,近世の水戸藩の《大日本史》などが名分論から南朝説を強く唱えたものの,一般には北朝説が優位であり,天皇の歴代も北朝によって数えられてきた。近代になると両朝併立説が有力となり,最初の国定教科書《小学日本歴史》(1903)は併立説をとり,1909年の改訂版《尋常小学日本歴史》もそれを踏襲した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の南北朝正閏問題の言及

【歴史教育】より

…これは帝国大学教授久米邦武が論文《神道は祭天の古俗》において,神道は豊作を祈り天を祭る古来の習俗で,三種の神器は祭天に用いられたもので神聖視は誤りと論じたため神道界から強い反発を受け,大学の職を免ぜられた事件である。第二は1911年の南北朝正閏問題。小学校歴史科では1904年から国定教科書が使用されており,10年の改訂版にあった南朝・北朝両立という記述に対し,翌11年,万世一系に反するとの非難が起こり,元老山県有朋らの指示により,南朝(吉野朝)を正統とするよう書き改められたという事件であり,以後,人物についても楠木正成・正行父子が忠臣孝子の代表とされるようになった。…

※「南北朝正閏問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南北朝正閏問題の関連キーワード小松原英太郎内田 周平