コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吝い シワイ

デジタル大辞泉の解説

しわ・い【×吝い】

[形][文]しわ・し[ク]金銭などを出し惜しみするさま。けちだ。しみったれている。
「猾(こす)くて―・いから財(かね)は大分出来たろう」〈魯庵社会百面相
[派生]しわさ[名]
[補説]歴史的仮名遣い未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しわい【吝い】

( 形 ) [文] ク しわ・し
出すべき金などを惜しんでなかなか出そうとしない。けちだ。しみったれだ。 「 - ・い旦那だ」 〔歴史的仮名遣いは「しわし」か「しはし」か不明。近世以降の語〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android