コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉穂[町] かほ

世界大百科事典 第2版の解説

かほ【嘉穂[町]】

福岡県中央部,嘉穂郡の町。人口1万0872(1995)。北は山田市,南は甘木市に接する。南部は古処,馬見など筑紫山地の山々が占め,そこを源とする遠賀川支流の嘉麻・千手両川が北流し,河川沿いに谷底平野が発達している。中心の大隈はかつて筑前と豊前を結ぶ街道の宿場町,市場町であった。明治以降,石炭産業の進展により町内に炭鉱が開発されたが,近隣市町の炭鉱への労働力供給地としても発展し,人口増がみられた。しかし,1955年以後の石炭合理化政策による閉山のため過疎化に転ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

嘉穂[町]の関連キーワード遠賀

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android