嘉穂[町](読み)かほ

百科事典マイペディアの解説

嘉穂[町]【かほ】

福岡県中部,遠賀(おんが)川最上流部を占める嘉穂郡の旧町。中心の大隈宿場町市場町であった。米麦作,ブドウ・野菜栽培,酪農を営み,木材も産する。南部の古処(こしょ)山にカルスト地形ツゲ原始林(特別天然記念物)がある。2006年3月,山田市,嘉穂郡稲築町,碓井町と合併し市制,嘉麻市となる。87.34km2。1万248人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かほ【嘉穂[町]】

福岡県中央部,嘉穂郡の町。人口1万0872(1995)。北は山田市,南は甘木市に接する。南部は古処,馬見など筑紫山地の山々が占め,そこを源とする遠賀川支流の嘉麻・千手両川が北流し,河川沿いに谷底平野が発達している。中心の大隈はかつて筑前と豊前を結ぶ街道の宿場町,市場町であった。明治以降,石炭産業の進展により町内に炭鉱が開発されたが,近隣市町の炭鉱への労働力供給地としても発展し,人口増がみられた。しかし,1955年以後の石炭合理化政策による閉山のため過疎化に転ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android