コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四万温泉 しまおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四万温泉
しまおんせん

群馬県北西部,中之条町,吾妻川の支流四万川に沿う温泉。山口,新湯日向見の3温泉の総称。泉質食塩泉硫酸塩泉泉温 43~82℃。胃腸病,神経痛にきく。日向見温泉が最も古く,温泉近くの日向見薬師堂は重要文化財。 1954年日光湯元温泉 (栃木県) ,酸ヶ湯温泉 (青森県) とともに,日本で最初の国民保養温泉地に指定。年間を通じて保養客や湯治客でにぎわっている。四万から法師温泉へいたる赤沢林道はハイキングコースとして最適。上信越高原国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しま‐おんせん〔‐ヲンセン〕【四万温泉】

群馬県北部、中之条町にある温泉群。四万川に沿ってあり、泉質は塩化物泉硫酸塩泉など。伊香保草津とともに上毛三湯の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまおんせん【四万温泉】

群馬県北部、中之条町にある温泉。四万川の渓流に沿う。泉質は弱食塩泉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕四万温泉(しまおんせん)


群馬県吾妻(あがつま)郡中之条(なかのじょう)町北部、四万川上流の渓流沿いにわく国民保養温泉。伊香保(いかほ)温泉・草津(くさつ)温泉とともに上州(じょうしゅう)三名湯の一つ。下流から温泉口(おんせんぐち)・山口(やまぐち)・新湯(あらゆ)・日向見(ひなたみ)地区に分かれる。付近は嘉満ヶ淵(かまがぶち)・甌穴(おうけつ)群や摩耶(まやの)滝などの景勝が多い。山口地区には温泉プールがある。薬師堂は国指定の重要文化財。山口地区は含ヒ素-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、泉温59.8℃。新湯地区は含ヒ素-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、泉温83℃。日向見地区はカルシウム-硫酸塩泉で、泉温64.5℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四万温泉
しまおんせん

群馬県北部、吾妻(あがつま)郡中之条(なかのじょう)町にある温泉。吾妻川の支流四万(しま)川の渓流に沿う長さ約2キロメートルの温泉集落で、下流から山口、新湯(あらゆ)、日向見(ひなたみ)の3群からなる。泉質は塩化物泉。(ひんがん)の裂け目から湧出(ゆうしゅつ)し、伊香保(いかほ)、草津(くさつ)とともに上毛(じょうもう)の三名湯といわれる。療養向きで、胃腸病や神経痛に効く。1954年(昭和29)旧厚生省から日本最初の国民保養温泉地に、酸ヶ湯(すかゆ)(青森県)、日光湯元(栃木県)とともに指定された(1972年以降は環境庁、2001年以降は環境省が指定)。また、上信越高原国立公園に含まれる。日向見には国指定重要文化財の薬師堂があり、1537年(天文6)の建立で室町末期の特徴を表し、1967年(昭和42)復原修理が完成した。最奥に四万川ダムによってできた奥四万湖があり、紅葉の名所となっている。国道353号が通じ、JR吾妻線中之条駅からバス40分。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

四万温泉の関連キーワード群馬県吾妻郡中之条町四万群馬県吾妻郡中之条町四万[温泉]中之条(町)湯治場めぐり国民保養温泉夜の訪れ摩耶姫積善館おう穴渓流

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四万温泉の関連情報