コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国上寺 コクジョウジ

3件 の用語解説(国上寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくじょう‐じ〔コクジヤウ‐〕【国上寺】

新潟県燕市にある真言宗豊山派の寺。山号は雲高山。8世紀初頭の創建と伝える。もと弥彦神社別当寺で、境内に良寛が住んだ五合庵がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

国上寺(こくじょうじ)

新潟県燕市にある寺院。709年創建。真言宗豊山派江戸時代後期の僧侶・歌人の良寛が30年以上過ごした五合庵がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国上寺
こくじょうじ

新潟県燕(つばめ)市国上、国上山(くがみさん)の中腹にあり、国上寺(くがみでら)ともいう。真言宗豊山(ぶざん)派に属し、山号は雲高山(くがみやま)。通称は国上山(くがみさん)。709年(和銅2)弥彦(いやひこ)大神の託宣により金地(金智)大徳が堂宇を創建。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)年間(749~757)孝謙(こうけん)天皇の勅により堂塔伽藍(がらん)が完備した。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)(行基作)で、子(ね)年と午(うま)年に開帳する。寺宝は酒呑童子(しゅてんどうじ)絵巻物3巻(土佐光信(みつのぶ)筆)、良寛書の屏風(びょうぶ)、『湖月抄』などがある。境内の五合庵(あん)は良寛の旧居である。[祖父江章子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国上寺の言及

【良寛】より

…帰郷した良寛は,出雲崎近辺の草庵を転々とする。97年から1802年(享和2)までの5年間,および1804年(文化1)から16年までの12年間,合わせて17年は,国上(くがみ)山の真言宗国上(こくじよう)寺の五合庵に住んだ。農民と親しく接触し,子どもたちとの交流のエピソードを残したのは,帰郷後のこの時代のことである。…

※「国上寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国上寺の関連キーワード岡寺川原寺高蔵寺宝厳寺医王寺千葉寺普門寺最御崎寺薬王寺楽法寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国上寺の関連情報