コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土山[町](読み)つちやま

百科事典マイペディアの解説

土山[町]【つちやま】

滋賀県南東部,野洲(やす)川上流域を占める甲賀(こうか)郡の旧町。主集落は鈴鹿(すずか)峠北麓にあり,東海道宿場町として発達。野洲川ダムがあり,農林業を営み,茶の栽培が盛ん。2004年10月甲賀郡水口町,甲賀町,甲南町,信楽町と合併し,甲賀市となる。127.15km2。9265人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つちやま【土山[町]】

滋賀県南東端,甲賀郡の町。人口9680(1995)。鈴鹿山脈の西斜面,野洲(やす)川の上流部を占める。中心集落の土山は江戸時代に東海道の宿場町として発達した。主産業は農林業で,近江茶の産地として有名である。町域の8割が山林で,良質の杉,ヒノキ,マキなどを産する。国道1号線や御在所山に至る鈴鹿スカイラインが通じ,観光開発も進められている。【松原 宏】
土山宿
 東海道第49次の宿駅。古くから近江と伊勢を結ぶ交通の要地にあり,〈坂は照る照る鈴鹿は曇る,あいの土山雨が降る〉の俗謡によって世に知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android