コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土山[町] つちやま

2件 の用語解説(土山[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

土山[町]【つちやま】

滋賀県南東部,野洲(やす)川上流域を占める甲賀(こうか)郡の旧町。主集落は鈴鹿(すずか)峠の北麓にあり,東海道の宿場町として発達。野洲川ダムがあり,農林業を営み,茶の栽培が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つちやま【土山[町]】

滋賀県南東端,甲賀郡の町。人口9680(1995)。鈴鹿山脈の西斜面,野洲(やす)川の上流部を占める。中心集落の土山は江戸時代東海道の宿場町として発達した。主産業は農林業で,近江茶の産地として有名である。町域の8割が山林で,良質の杉,ヒノキ,マキなどを産する。国道1号線や御在所山に至る鈴鹿スカイラインが通じ,観光開発も進められている。【松原 宏】
[土山宿]
 東海道第49次の宿駅。古くから近江と伊勢を結ぶ交通の要地にあり,〈坂は照る照る鈴鹿は曇る,あいの土山雨が降る〉の俗謡によって世に知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone