地獄谷[温泉](読み)じごくだに

世界大百科事典 第2版の解説

じごくだに【地獄谷[温泉]】

富山県立山の中腹,標高2300mにある日本最高所の温泉。1km南にある室堂平(むろどうだいら)が立山信仰の中心地であったため,亜硫酸ガス水蒸気を噴き上げるこの一帯は地獄谷と呼ばれてきた。1948年に温泉場が開かれ,71年には立山・黒部アルペンルートが開通して,長野県側の大町市からも行けるようになった。富山地方鉄道立山線美女平駅からバスで55分,室堂で下車後,徒歩30分。旅館は4軒(冬季休業)。酸性硫化水素泉,72℃。

じごくだに【地獄谷[温泉]】

長野県北東部,下高井郡山ノ内町にある温泉。横湯川の渓谷にあり,泉質は弱食塩泉,泉温60~90℃。河床から天然記念物の噴泉塔が熱湯と蒸気を15~20mの高さに噴き上げている。長野電鉄湯田中駅から上林温泉行きバスで15分,終点から徒歩約30分。宿は1軒で,露天ぶろがあり,対岸で餌づけされた地獄谷野猿公苑のサルも入浴しにくる。【谷沢 明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の地獄谷[温泉]の言及

【地獄谷[温泉]】より

…富山県立山の中腹,標高2300mにある日本最高所の温泉。1km南にある室堂平(むろどうだいら)が立山信仰の中心地であったため,亜硫酸ガスや水蒸気を噴き上げるこの一帯は地獄谷と呼ばれてきた。1948年に温泉場が開かれ,71年には立山・黒部アルペンルートが開通して,長野県側の大町市からも行けるようになった。…

※「地獄谷[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android