コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城ノ山古墳 じょうのやまこふん

1件 の用語解説(城ノ山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうのやまこふん【城ノ山古墳】

兵庫県朝来郡和田山町平野に所在する円墳。1971年に発掘調査が行われた。円山川見下ろす丘陵の突端に位置し,東西36m,南北30m,高さ5mをはかる。埴輪の樹立を欠く。また,葺石(ふきいし)については,墳丘で礫群を検出したが,その存在を確定するには至っていない。墳頂から,長さ6.4mの木棺を東西方向に埋置した埋葬施設が発掘された。棺材はコウヤマキであったらしい。被葬者は頭位を東に向け,副葬品はことごとく棺内から出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

城ノ山古墳の関連キーワード朝来生野大阪平野埼玉古墳群虎臥城平野水散居村あさご但馬のまほろばフレッシュあさご

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone