城ノ山古墳(読み)じょうのやまこふん

世界大百科事典 第2版の解説

じょうのやまこふん【城ノ山古墳】

兵庫県朝来郡和田山町平野に所在する円墳。1971年に発掘調査が行われた。円山川を見下ろす丘陵突端に位置し,東西36m,南北30m,高さ5mをはかる。埴輪樹立を欠く。また,葺石(ふきいし)については,墳丘礫群を検出したが,その存在を確定するには至っていない。墳頂から,長さ6.4mの木棺を東西方向に埋置した埋葬施設が発掘された。棺材はコウヤマキであったらしい。被葬者は頭位を東に向け,副葬品はことごとく棺内から出土した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android