コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城辺[町] ぐすくべ

百科事典マイペディアの解説

城辺[町]【ぐすくべ】

沖縄県,宮古島の東部を占める宮古郡の旧町。最大の集落は新城(あらぐすく)。大部分は50〜100mの隆起サンゴ礁で,サトウキビを主産,製糖工場がある。東端の東平安名(あがりへんな)岬は景勝地。

城辺[町]【じょうへん】

愛媛県南部,南宇和郡の旧町。僧都(そうづ)川の流域を占め,南は宿毛(すくも)湾に臨む。中心集落は中世末期に城のあったところで,城跡に諏訪(すわ)神社がある。南部の深浦はイワシ・カツオ漁業の根拠地で水産加工も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐすくべ【城辺[町]】

沖縄県宮古列島,宮古島南東部の町。人口7864(1995)。西は平良(ひらら)市,上野村と接し,南と北は太平洋に面する。洋上に2kmほど突出する東端の東平安名岬(あがりへんなざき)は,景勝の地で,観光地として整備されている。町の地形は琉球石灰岩からなるカルスト台地で,北西から南東方向へ数列の石灰岩堤が走る。これらの石灰岩堤間の平たん地には,耕地と集落が展開し,サトウキビを基幹作物として,タバコ,カボチャ,ユリの球根のほか,養蚕用の桑の栽培がみられる。

じょうへん【城辺[町]】

愛媛県南端,南宇和郡の町。人口1万0647(1995)。太平洋に面した宿毛(すくも)湾の北岸に位置し,中央部を流れる僧都(そうづ)川沿いに沖積低地があるほかは山地が大部分を占める。中心集落の城辺は中世末期に御荘殿勧修寺氏の本城であった常盤城(亀城ともいう)があった地で,城跡には諏訪神社がある。現在は国道56号線が通じ,南予地方の商業中心をなす。南部沿岸の東外海(ひがしそとうみ)地区の深浦漁港は県下最大のカツオ釣りの基地で,鰹節や製氷の工場があり,ハマチ,真珠の養殖も盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

城辺[町]の関連キーワード足摺宇和海国立公園