コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀ノ内 ほりノうち

5件 の用語解説(堀ノ内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀ノ内
ほりノうち

中世の土豪の屋敷跡。広大な敷地の周囲に防衛と農耕用に堀をめぐらしたので,この名が起った。また堀の内側には掘上げた土を積んで土居 (土塁) をめぐらしたので,土居ともいわれる。現在関東地方などに残っている堀ノ内 (東京,杉並区の堀ノ内など) という地名の多くは,その跡を示すとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほりのうち【堀ノ内】

堀に囲まれた中世の武士の屋敷地。堀を掘った土を内側に盛った土塁によって囲まれることが多いので,土居とも称した。現在遺跡として残るものは,ほぼ1町(109m)四方の正方形を基準にし,小は半町四方,大は2町四方まで規模の差がある。堀の水は防御だけでなく,農業用水としても用いた。川から引いた水をいったん屋敷まわりの堀に通してから,まず門田などの直営田,次いで領内の百姓の田畠に灌漑したことのわかる例もあり,中世初期の在地領主が直営田経営を基礎にして所領支配を行ったことと対応する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀ノ内
ほりのうち

堀に囲まれた土豪や武士の居館。堀の土を使って内側に土塁(どるい)を廻らしたことから土居(どい)ともいう。堀は防御施設であるとともに用水路でもあり、門田(かどた)や周辺百姓の田畠を潤して、領主による勧農(かんのう)の機能をはたした。堀ノ内には矢倉や住宅、倉庫、馬屋、下人らの長屋のほか畠地や馬場などもあり、1町四方の規模のものが多かった。『一遍上人絵伝』の「筑前国の武士の館」にその様子を見ることができる。近年の研究では史料上の「堀ノ内」は、領主の惣領(そうりょう)屋敷を意味する場合と、村や郷を示す場合があるだけで、かならずしも堀ノ内すなわち居館とはいえないという。また、考古学上の成果からも、堀をもつ方形居館の成立は、南北朝時代以降であることなどが明らかにされている。[鈴木哲雄]
『小山靖憲著『中世村落と荘園絵図』(1987・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の堀ノ内の言及

【本宅】より

…中世武士団もこの本宅を核として形成され存続した。中世武士の屋敷地は通常1~2町の規模を有し,堀や土塁で区画されて土居堀ノ内などと称せられ,屋敷畠や門田(もんでん)等の直属耕地や下人在家を包摂していた。このような在地領主の本宅は,名田(みようでん),所職(しよしき)など全所領の根幹をなしていたので,武家による本領安堵を本宅安堵ということがあり,治承・寿永の内乱のとき,河内国の領主が本領開発田の濫妨に対して〈安堵本宅〉をもとめて源義経の安堵外題を与えられ(《水走文書》),上総国御家人が源頼朝から〈本宅に安堵すべきの旨〉の恩裁をうけた事例(《吾妻鏡》)がある。…

※「堀ノ内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀ノ内の関連情報