コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩原[町] しおばら

2件 の用語解説(塩原[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

塩原[町]【しおばら】

栃木県北部,那須郡の旧町。那珂(なか)川の支流箒(ほうき)川の上流一帯の山地を占める。日光国立公園塩原温泉郷を中心とする観光の町であるが,米,野菜を産し,酪農,林業も行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しおばら【塩原[町]】

栃木県北部,那須郡の町。1982年塩谷郡から帰属変更された。人口9199(1995)。町域は,那須扇状地の箒根(ほうきね)地区と,高原山と帝釈山地に囲まれた塩原地区とに分かれる。塩原地区は那須,鬼怒川,川治と並ぶ県内有数の温泉観光地で,箒川上流の大網,福渡(ふくわた),塩釜や,高原山北斜面の塩ノ湯,甘湯などを加えた塩原十一湯により,塩原温泉郷を構成する。最奥にある元湯は,大同年間(806‐810)に発見されたと伝えられるが,入湯者が増えたのは1884年に会津新道が改修され,尾崎紅葉の《金色夜叉》によって当地の景勝が紹介されてからのことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩原[町]の関連キーワード黒磯那須温泉郷那須高原八方ヶ原那須那須塩原那須七党那須野ヶ原那須高原友愛の森ばとう

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone