コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多伎[町] たき

2件 の用語解説(多伎[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

多伎[町]【たき】

島根県簸川(ひかわ)郡,日本海に面する旧町。沿岸に山陰本線が通じる。大半が山林で耕地は少ない。イチジクを特産し,ジャムなどの加工も行う。定置網による漁業を行い,ノリ,ワカメ,ウニも産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たき【多伎[町]】

島根県中央部,日本海に面する簸川(ひかわ)郡の町。1969年町制。人口4321(1995)。西は大田市に接し,田儀川,小田川,久村川が北流して日本海に注ぐ。古代から出雲国の最西端に位置する軍事・交通上の要衝で,山陰道の多伎駅や石見国との間の国境を監視する宅伎戍(たきのまもり)が置かれた。海岸沿いにある中心地の口田儀は,近世にたたら製鉄の材料や鉄製品の移入港として発展し,海産物の市が毎月6の日に立った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多伎[町]の関連キーワード石川大田島根富山裏日本江津浜田簸川益田湯の川

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone