コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜鷹・蚊母鳥・怪鴟 よたか

大辞林 第三版の解説

よたか【夜鷹・蚊母鳥・怪鴟】

ヨタカ目ヨタカ科の鳥の総称。ニュージーランドを除き世界に七十数種が分布。
の一種。全長約30センチメートル。全体が地味な黒褐色で、細かい模様があり、口が大きい。低空を飛びながら昆虫類をとる。他の鳥と異なり枝と平行にとまる。アジア東部から南部に分布。日本には夏鳥として渡来し、四国以北で繁殖する。蚊吸い鳥。嫁起こし。 〔「蚊母鳥」 「怪鴟」などとも書く〕
江戸で、夜、路傍で客を引いた下級の売春婦。辻君つじぎみ。夜発やほつ。総嫁そうか
「夜鷹そば」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

夜鷹・蚊母鳥・怪鴟の関連キーワードニュージーランド夜鷹そば売春婦黒褐色昆虫類路傍夏鳥総嫁分布怪鴟

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android