コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大月[町] おおつき

2件 の用語解説(大月[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大月[町]【おおつき】

高知県南西端,幡多(はた)郡の町。葉タバコミカン,野菜を産し,畜産も行う。イワシ漁で知られたが,現在は不振。海岸は奇勝の大堂海岸など断崖が続き足摺宇和海国立公園に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおつき【大月[町]】

高知県南西端,幡多郡の町。人口7422(1995)。太平洋に突出した大月半島とその基部よりなり,宿毛市,土佐清水市に接する。町域は丘陵性の山地が多く,平たん地は少ない。従来の米作中心からタバコ,蔬菜,果樹の栽培,畜産へと移行しつつある。沈降性の海岸には柏島,安満地,古満目,竜ヶ迫,小才角などの漁港があり,沿岸漁業を中心に,ハマチ養殖やサンゴ採取などが行われる。海岸は足摺宇和海国立公園に属する。【萩原 毅】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone