コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大歩危・小歩危 おおぼけ・こぼけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大歩危・小歩危
おおぼけ・こぼけ

大崩壊・小崩壊とも書く。「狭い人の通り道」の意。交通の難所であったが,現在は国道 32号線,JR土讃線が通り四国縦断最短路となっている。徳島県西部,吉野川四国山地を横切って北流する横谷部の峡谷。結晶片岩系の石墨片岩緑泥片岩,大崩壊片麻岩などが浸食された景勝の峡谷で,剣山国定公園に属する。土讃線大歩危駅付近からその下流の小歩危駅付近まで遊覧船の便もあり,また大歩危からは祖谷 (いや) への近道 (祖谷渓道路) が開発され,かずら橋 (重要民俗文化財) まで 9kmで達する。春,秋の行楽地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大歩危・小歩危【おおぼけ・こぼけ】

徳島県西部,祖谷(いや)地方にある吉野川上流の峡谷。歩危は崩壊の意で,上流の大歩危から下流の小歩危まで約8kmにわたり絶壁が続き,急流や淵をなして流れる。結晶片岩系の大崩壊層の背斜構造,含礫片岩露頭がみられる。
→関連項目四国山地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大歩危・小歩危
おおぼけこぼけ

徳島県西部、吉野川中流部の峡谷。ボケ、ボキは崩壊の字もあてるが、大股(おおまた)で歩いても小股で歩いても危ないほど谷の両岸が迫り、切り立った崖(がけ)が続く所の意ともいわれる。またホケ、ホキには崖の意もある。JR土讃(どさん)線、国道32号が通じているが、補修工事が絶えない。吉野川が北流する約20キロメートルは四国山地を横断する横谷で、とくに土讃線の大歩危駅から小歩危駅間4キロメートルは奇岩怪石や深い淵(ふち)があり、剣(つるぎ)山国定公園の一部になっている。大歩危駅から観光遊覧船の船着き場まで1.5キロメートル、川船に乗っての大歩危峡見物に約30分を要する。近年ではゴムボートで急流下りを楽しむラフティングも行われている。洞床付近は三波川(さんばがわ)系の結晶片岩があり、別子層とその下部にある大歩危層の美しい露頭がみられる。大歩危層は石墨片岩や緑泥片岩などの累層からなり、二つの大背斜軸をなして東に連なっている。含礫(れき)片岩の露頭は県指定天然記念物。1974年(昭和49)大歩危と祖谷(いや)の蔓(かずら)橋を結ぶ有料道路(1998年無料開放、主要地方道西祖谷山山城線)が開通した。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大歩危・小歩危の関連キーワード吉野川(四国)ラフティング池田[町]剣山地三好市池田山城