コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大歩危・小歩危 おおぼけ・こぼけ

3件 の用語解説(大歩危・小歩危の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大歩危・小歩危
おおぼけ・こぼけ

大崩壊・小崩壊とも書く。「狭い人の通り道」の意。交通の難所であったが,現在は国道 32号線,JR土讃線が通り四国縦断最短路となっている。徳島県西部,吉野川四国山地を横切って北流する横谷部の峡谷。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大歩危・小歩危【おおぼけ・こぼけ】

徳島県西部,祖谷(いや)地方にある吉野川上流の峡谷。歩危は崩壊の意で,上流の大歩危から下流の小歩危まで約8kmにわたり絶壁が続き,急流や淵をなして流れる。結晶片岩系の大崩壊層の背斜構造,含礫片岩露頭がみられる。
→関連項目四国山地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大歩危・小歩危
おおぼけこぼけ

徳島県西部、吉野川中流部の峡谷。ボケ、ボキは崩壊の字もあてるが、大股(おおまた)で歩いても小股で歩いても危ないほど谷の両岸が迫り、切り立った崖(がけ)が続く所の意ともいわれる。またホケ、ホキには崖の意もある。JR土讃(どさん)線、国道32号が通じているが、補修工事が絶えない。吉野川が北流する約20キロメートルは四国山地を横断する横谷で、とくに土讃線の大歩危駅から小歩危駅間4キロメートルは奇岩怪石や深い淵(ふち)があり、剣(つるぎ)山国定公園の一部になっている。大歩危駅から観光遊覧船の船着き場まで1.5キロメートル、川船に乗っての大歩危峡見物に約30分を要する。近年ではゴムボートで急流下りを楽しむラフティングも行われている。洞床付近は三波川(さんばがわ)系の結晶片岩があり、別子層とその下部にある大歩危層の美しい露頭がみられる。大歩危層は石墨片岩や緑泥片岩などの累層からなり、二つの大背斜軸をなして東に連なっている。含礫(れき)片岩の露頭は県指定天然記念物。1974年(昭和49)大歩危と祖谷(いや)の蔓(かずら)橋を結ぶ有料道路(1998年無料開放、主要地方道西祖谷山山城線)が開通した。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大歩危・小歩危の関連キーワード祖谷祖谷川祖谷渓西祖谷山〈村〉徳島県三好市西祖谷山村小祖谷徳島県三好市東祖谷菅生東祖谷山〈村〉徳島県吉野川市美郷小竹祖谷地方西祖谷山[村]

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大歩危・小歩危の関連情報