コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵[村] おおくら

世界大百科事典 第2版の解説

おおくら【大蔵[村]】

山形県中央部,最上郡の。人口4863(1995)。最上地方の南東端に位置する。南西に月山,南東に葉山があり,銅山川,赤松川が北流して,町の北部で最上川に合流する。町域の大部分は山林原野が占める。中心集落の清水は,1476年(文明8)に最上氏の一族清水氏が築いた中世の城下町で,近世は最上川の河港として栄えた。慶長期(1596‐1615)に永松銅山,明和期(1764‐72)に大蔵鉱山が開かれて新庄藩の財政を支え,明治期にはさらに発展したが,1960年前後に閉山した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大蔵[村]【おおくら】

山形県北部,最上郡の村。村は南北に長く,銅山川と赤松川がそれぞれ北流しており,村の北部を流れる最上川に合流している。日本でも有数の豪雪地帯として知られ,南北に走る国道458号も寒河江市との境にある南部の十部一峠前後が冬季閉鎖となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大蔵[村]の関連キーワード国立国会図書館ラス・パルマス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大蔵[村]の関連情報