コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大間[町] おおま

2件 の用語解説(大間[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大間[町]【おおま】

青森県下北郡,下北半島北西端の町。本州最北端の大間崎を含み,フェリーボートが通じる函館との関係が深い。漁業を中心とし,コンブ,イカ,マグロを産する。牛の飼育も行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおま【大間[町]】

青森県北部,下北郡の町。人口6606(1995)。下北半島北西端に位置し,本州最北端にあたる大間崎は,津軽海峡を隔てて北海道汐首岬と対する。海岸段丘が発達し,段丘上には近世に南部藩営の奥戸(おこつぺ)牧場,大間牧場があった。偏東風が強いため農業は振るわず,コンブ漁を中心とし,イカ,マグロ漁などの漁業が町の主要産業となっている。中心の大間にある大間港には1964年,函館と結ぶフェリーボートが就航し,日常生活品の多くは函館から運ばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone