コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼石岳 やけいしだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼石岳
やけいしだけ

岩手県南西部,真昼山地支脈にある火山。標高 1548m。西和賀町奥州市の境に位置する。那須火山帯に属する焼石火山群の最高峰で,栗駒国定公園に属する。残雪が多く,高所の高山植物,山麓の尿前川 (しとまえがわ) の渓谷や原生林などで知られる。南の栗駒連峰と北の夏油温泉を結ぶコースは変化に富む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

焼石岳【やけいしだけ】

岩手県南西部の那須火山帯中の火山。安山岩などからなり,標高1547m。北東には牛形山,経塚山,駒ヶ岳,南には横岳,獅子ヶ鼻岳がある。西斜面はややゆるやかであるが,東および南側は絶壁がそびえ,その下に多くの小湖がある。
→関連項目栗駒国定公園

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やけいしだけ【焼石岳】

岩手県水沢市の西方約25km,真昼山地中央部の三界山(1381m)から東にのびる尾根上に位置する火山。標高1548m。両輝石安山岩およびその砕せつ物からなるが,浸食が進んでいるため火山地形の面影は少ない。栗駒国定公園の北端に位置し,山頂からは遠く岩手山八幡平鳥海山などが望まれる。山頂直下に仙水沼があるほか,山腹には湖沼や湿地があり,高山植物の宝庫となっている。北東麓には夏油(げとう)温泉があり,また南東麓には北上川水系総合開発計画の一環として日本最初のロックフィルダムである多目的の石淵ダムが1953年に建設されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕焼石岳(やけいしだけ)


岩手県南西部、秋田県境近くに位置する成層火山。標高1548m。古い火山で山体の浸食が進み、山頂付近はなだらかな高原状で湿地が点在、お花畑が広がる。岩手山・八幡平(はちまんたい)・鳥海(ちょうかい)山などの展望がよい。北東麓(ほくとうろく)に夏油(げとう)温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼石岳
やけいしだけ

岩手県南西部、奥州(おうしゅう)市と和賀(わが)郡西和賀(にしわが)町の境にある山。標高1547メートル。牛形山(うしがたさん)、駒ヶ岳(こまがたけ)などからなる焼石連峰の主峰で、栗駒(くりこま)国定公園の一部。第四紀に噴出形成した火山で、周囲には規模の小さい火山が集まっている。ブナの原生林に覆われ、山腹には小沼が多く分布し高山植物も豊富。東麓(とうろく)の尿前(しとまえ)川の渓谷は無数の滝をつくり、とくに紅葉期は美しい。月山(がっさん)、八甲田山(はっこうださん)とともに残雪の多い山で、登山路は北東麓の夏油(げとう)温泉からのコースが変化に富んでいる。頂上からの展望は雄大で八幡平(はちまんたい)などを遠望できる。[金野一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

焼石岳の関連キーワード東成瀬[村]胆沢川鳥海胆沢