コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如実 ニョジツ

デジタル大辞泉の解説

にょ‐じつ【如実】

現実のままであること。事実のとおりであること。「被災地の惨状を如実に物語る写真」
仏語。
㋐教えの真実や道理にかなっていること。
真如(しんにょ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にょじつ【如実】

実際のとおりであること。多く「如実に」の形で副詞的に用いる。 「戦争の悲惨さが-に描かれている」
〘仏〙
現象の諸相を超えた究極の真理。真如しんによ
真実の姿にかなっていること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

如実の関連キーワードヤナーチェク:草が茂る小道を通って/piano soloシットウェル(Sir Osbert Sitwell)ウルジャーイートゥー・ハーンエドガ・ワトソン ハウアメリカン・ドリームコンスタンチヌス8世ジェリー ハーマンクタドグ・ビリグコール・レートレンブラント隅田八幡神社クセノフォンバーンベーリ五議員事件松帆 諦円ミメーシスイヨネスコオネッティハミルトンファルコネ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

如実の関連情報