如実(読み)ニョジツ

デジタル大辞泉の解説

にょ‐じつ【如実】

現実のままであること。事実のとおりであること。「被災地の惨状を如実に物語る写真」
仏語。
㋐教えの真実や道理にかなっていること。
真如(しんにょ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にょじつ【如実】

実際のとおりであること。多く「如実に」の形で副詞的に用いる。 「戦争の悲惨さが-に描かれている」
〘仏〙
現象の諸相を超えた究極の真理。真如しんによ
真実の姿にかなっていること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にょ‐じつ【如実】

〘名〙 (実のしの意)
① (多く「に」を伴って副詞的に用いる) 事実の通りであること。現実のままであること。まちがいなくその通りであること。
※彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉四「人間の死。それを、彼は、彼の眼で如実に見たのである」
仏語
(イ) 思慮や分別を超えたありのままの真実のすがた。真如(しんにょ)。〔勝天王般若経‐二〕
(ロ) 真実の教えや理にかなっていること。また、その信心。
※入出二門偈頌(1256)「三信相応是一心。一心淳心名如実

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

如実の関連情報