嬉野(読み)うれしの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嬉野(佐賀県)
うれしの

佐賀県南西部、藤津(ふじつ)郡にあった旧町名(嬉野町(まち))。現在は嬉野市嬉野町地区で、市の西半分を占める地域。温泉と茶と焼物の町として知られる。1929年(昭和4)西嬉野村が町制施行して嬉野町と改称。1933年東嬉野村、1955年(昭和30)吉田村と合併。2006年(平成18)塩田町と合併して市制施行、嬉野市となった。鎌倉時代の文書には、嬉野を「宇礼志野」と記す。有明(ありあけ)海に注ぐ塩田(しおた)川上流の盆地に嬉野温泉の温泉街が発達する。JR佐世保(させぼ)線の武雄(たけお)温泉駅、有田駅などからバスが通じ、長崎自動車道嬉野インターチェンジがある。霧深い盆地周辺の丘陵斜面などには嬉野茶の茶園が広がる。不動(ふどう)山皿屋(さらや)谷にある樹齢300年余の大チャノキは国指定天然記念物。吉田皿屋には十軒内外の窯元(かまもと)が集まり、有田窯業地の一角をなす。永寿寺(えいじゅじ)の不動明王、二童子像は国指定重要文化財、神事芸能の両岩の小浮立(もろいわのこぶりゅう)は県指定重要無形民俗文化財である。[川崎 茂]
『『嬉野町史』上下(1979・嬉野町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嬉野の関連情報