コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇ノ気 うのけ

2件 の用語解説(宇ノ気の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇ノ気
うのけ

石川県中央部にある地区。旧町名。 1948年町制。 1960年金津村を編入。 2004年3月高松七塚 2町と合併しかほく市となった。金沢平野の北端部にあり,地区の南西部が日本海に面する。米が主産物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇ノ気
うのけ

石川県中央部、河北(かほく)郡にあった旧町名(宇ノ気町(まち))。現在は、かほく市の中央部を占める一地区。1948年(昭和23)町制施行。1960年金津(かなづ)村を編入。2004年(平成16)高松町、七塚(ななつか)町と合併、かほく市となる。旧宇ノ気町は内灘(うちなだ)砂丘から山地にわたり、JR七尾線、国道159号が通じる。国指定の史跡上山田貝塚のほか、縄文・弥生(やよい)遺跡が多い。米、ブドウを産し、細幅ゴム紐(ひも)、撚糸(ねんし)の繊維工業、電子工業、鉄工業も発達するほか、金沢市への通勤者も多く、1994年(平成6)には大崎潮見台ニュータウンが完成した。哲学者西田幾多郎(きたろう)の出身地で、「石川県西田幾多郎記念哲学館」がある。[矢ヶ崎孝雄]
『『石川県宇ノ気町史』(1970・宇ノ気町) ▽『宇ノ気町史 第2輯』全2巻(1990~1991・宇ノ気町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇ノ気の関連キーワード蒲生小牛田本宮坂戸巌門石川県金沢市中央通町石川県羽咋市中央町石川県能美郡石川県河北郡内灘町北部土地区画石川県羽咋市南中央町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇ノ気の関連情報