コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安仁神社 あにじんじゃ

3件 の用語解説(安仁神社の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

安仁神社【あにじんじゃ】

岡山県岡山市西大寺一宮に鎮座。旧国幣中社。安仁神を主祭神とし,相殿に稲氷命(いなひのみこと),御毛入沼命(みけいりぬのみこと)をまつる。安仁神は五瀬命(いつせのみこと)であるという。
→関連項目西大寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あにじんじゃ【安仁神社】

岡山市に鎮座。備前国の二宮,もと国幣中社。祭神は神武天皇の兄の彦五瀬(ひこいつせ)命とされるが,異説も多い。吉備氏にゆかりの神社と考えられ,《延喜式》では備前で唯一の名神大社とされる。中世には若干の社領もあり,〈正二位安仁大明神〉と通称された。近世,岡山藩主池田家の保護厚く,社領高は55石,池田家の祈願所となった。社殿は,1670年(寛文10)池田綱政によって再建されて以来いく度か改築されたが,いまの社殿は1885年改築のもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安仁神社
あにじんじゃ

岡山市東区西大寺一宮に鎮座。祭神は安仁神(あにのかみ)。「安仁」は兄の意で、吉備下道国造(きびしもつみちくにのみやつこ)の祖を兄彦命(あにひこのみこと)(稲速別命(いなはやわけのみこと))といい、その名にちなむ神名であろう。祭神を神武(じんむ)天皇の兄五瀬命(いつせのみこと)とする説もある。応神(おうじん)朝にさかのぼる古社で、『延喜式(えんぎしき)』神名帳備前(びぜん)国26座中で唯一の名神大社。のち備前国の二宮となり、近世には藩主池田氏の祈願所。旧国幣中社。例祭は10月11日。[菟田俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安仁神社の関連キーワード敢国神社玉前神社中社真清田神社海神神社射水神社伊和神社中山神社速谷神社水若酢神社

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone