コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安仁神社 あにじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

安仁神社【あにじんじゃ】

岡山県岡山市西大寺一宮に鎮座。旧国幣中社。安仁神を主祭神とし,相殿に稲氷命(いなひのみこと),御毛入沼命(みけいりぬのみこと)をまつる。安仁神は五瀬命(いつせのみこと)であるという。
→関連項目西大寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あにじんじゃ【安仁神社】

岡山市に鎮座。備前国の二宮,もと国幣中社。祭神は神武天皇の兄の彦五瀬(ひこいつせ)命とされるが,異説も多い。吉備氏にゆかりの神社と考えられ,《延喜式》では備前で唯一の名神大社とされる。中世には若干の社領もあり,〈正二位安仁大明神〉と通称された。近世,岡山藩主池田家の保護厚く,社領高は55石,池田家の祈願所となった。社殿は,1670年(寛文10)池田綱政によって再建されて以来いく度か改築されたが,いまの社殿は1885年改築のもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安仁神社
あにじんじゃ

岡山市東区西大寺一宮に鎮座。祭神は安仁神(あにのかみ)。「安仁」は兄の意で、吉備下道国造(きびしもつみちくにのみやつこ)の祖を兄彦命(あにひこのみこと)(稲速別命(いなはやわけのみこと))といい、その名にちなむ神名であろう。祭神を神武(じんむ)天皇の兄五瀬命(いつせのみこと)とする説もある。応神(おうじん)朝にさかのぼる古社で、『延喜式(えんぎしき)』神名帳備前(びぜん)国26座中で唯一の名神大社。のち備前国の二宮となり、近世には藩主池田氏の祈願所。旧国幣中社。例祭は10月11日。[菟田俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android