コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸津[町] あきつ

百科事典マイペディアの解説

安芸津[町]【あきつ】

広島県南部,豊田郡の旧町。三津(みつ)湾に面し,瀬戸内海航行の要衝として栄えた。呉線が通じる。在来窯業酒造業のほか,造船木工,食品,機械部品,化学薬品などの工場がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきつ【安芸津[町]】

広島県南部,豊田郡の町。人口1万2999(1995)。北は東広島市,東は竹原市に接し,中央部を三津大川が南流して三津湾に注ぐ。中心集落の三津は古くから瀬戸内海航行の港として栄え,近世には広島藩の年貢米を収める藩蔵が設けられていた。藩米の払下げによって酒造業が盛んになり,安芸杜氏を生んだ。現在はジャガイモ,ミカン,ビワの栽培が盛んで,三津湾ではカキの養殖が行われる。また蛸壺を生産する。海岸沿いをJR呉線,国道185号線が通じ,桜の名所正福寺山公園,果樹試験場安芸津支場がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android