安達(福島県)(読み)あだち

日本大百科全書(ニッポニカ)「安達(福島県)」の解説

安達(福島県)
あだち

福島県中北部、安達郡にあった旧町名(安達町(まち))。現在は二本松市の北部を占める地域。旧安達町は、1960年(昭和35)町制施行。2005年(平成17)岩代(いわしろ)、東和(とうわ)2町とともに二本松市に合併。JR東北本線、国道4号、東北自動車道が通じる。旧名称は中世の荘園(しょうえん)名にちなむ。中心の油井(ゆい)は『延喜式(えんぎしき)』の湯日駅に比定する説がある。また、油井、二本柳地区は旧奥州道中(仙台、松前道)の宿であった。近世は二本松領。地域の大部分は阿武隈(あぶくま)高地西縁の丘陵地で、西は安達太良山麓(あだたらさんろく)に及ぶ。農林業を主としており、和紙の特産がある。

[安田初雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android