コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗像[市] むなかた

百科事典マイペディアの解説

宗像[市]【むなかた】

福岡県北部,三郡山地北部の盆地を中心とし,玄界灘に面する市。沖合いの大島を含む。1981年市制。近世に筑前二十一宿の一つとして栄えた赤間と宗像郡の行政中心であった東郷が中心市街。鹿児島本線,国道3号線が通じる。米作を主とする農村地帯であったが,1961年の鹿児島本線の電化を契機に,福岡市,北九州市の通勤圏となり大規模団地の造成が進み,また1966年には福岡教育大学東海大学(短期大学)が開設され,住宅学園都市として発展し人口が急増。北部に宗像大社の辺津(へつ)宮がある。2003年4月宗像郡玄海町を,2005年3月宗像郡大島村を編入。119.91km2。9万5501人(2010)。
→関連項目福岡教育大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むなかた【宗像[市]】

福岡県北部の市。1981年市制。人口7万6936(1995)。孔大寺(こだいじ)山地などに囲まれた小盆地にあって低い丘陵が広く分布し,釣川の本支流沿いに沖積低地が広がる。福岡・北九州両市の中間に位置し,鹿児島本線,国道3号線が通り,九州自動車道の若宮インターチェンジにも近い。近世筑前二十一宿の一つとして栄えた赤間と宗像郡の行政中心地として発達した東郷が中心市街を形成する。1961年の国鉄(現JR)の電化以来,福岡教育大学,東海大学(現,短期大学)の進出をはじめ,新日本製鉄の社宅や自由ヶ丘,日の里など大型住宅団地の造成が相つぎ,60年代後半から福岡・北九州両市のベッドタウンとして人口が急増している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android