コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野田[町] おのだ

2件 の用語解説(小野田[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小野田[町]【おのだ】

宮城県中西部,鳴瀬川上流部を占める加美(かみ)郡の旧町。馬産地として知られたが,近年は酪農,米作,畑作を行う。中羽前(なかうぜん)街道に沿うかつての交通要地。旧宮崎町との境にある魚取(ゆとり)沼はテツギョ生息地(天然記念物)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おのだ【小野田[町]】

宮城県中西部,加美郡の町。人口8525(1995)。鳴瀬川上流にあり,船形山北麓など奥羽山脈の山間を占める。総面積の大部分が山林で,北東部の鳴瀬川の扇状地に水田が広がる。かつては馬産地として知られたが,現在は米作を主とする農林業が中心である。北に接する宮崎町にかけての水田は江戸初期に新田が開発され,1969年から行われた土地改良事業圃場整備が進んだ。町域のほぼ中央にある薬萊山山麓では,1967年からの国営開拓事業で牧草地や畑が造成され,酪農が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone