コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折る オル

デジタル大辞泉の解説

お・る〔をる〕【折る】

[動ラ五(四)]
棒状・板状のものを鋭角的に曲げる。また、そのようにして切り離す。「指を―・って数える」「枝を―・る」
紙や布などの平面状のものを畳んで重ねる。「新聞紙を二つに―・る」
紙や布などを畳み重ねて物の形を作る。「千羽鶴を―・る」
(「筆をおる」などの形で)文筆の業をやめる。
頑固な気持ちを弱める。くじく。「鼻柱を―・る」「我(が)を―・る」
(「骨をおる」などの形で)あるもののために苦労する。「友人の職探しに骨を―・る」
波が幾重にも重なって砕ける。
「今日もかも沖つ玉藻は白波の八重―・るが上に乱れてあるらむ」〈・一一六八〉
[可能]おれる
[動ラ下二]おれる」の文語形
[下接句]我(が)を折る陰に居て枝を折る高木は風に折らる腰を折る節(せつ)を折る大木は風に折られる月の桂(かつら)を折る角(つの)を折る出端(ではな)を折る七重(ななえ)の膝(ひざ)を八重(やえ)に折る鼻を折る膝(ひざ)を折る一骨(ひとほね)折る筆を折るペンを折る骨を折る指を折る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おる【折る】

( 動五[四] )
紙・布など平面状・線状のものを鋭く曲げる。また、曲げて重ねる。 「端を直角に-・る」 「千代紙で鶴を-・る」
固い、線状・棒状のものを曲げて切り離す。 「木の枝を-・る」 「足の骨を-・る」
(自分の体を)深く曲げる。 「膝ひざを-・る」 「腰を-・る」
それまでの強い気持ちや態度をかえる。 「我を-・る」 「節せつを-・る」
(波などが)幾重にも重なる。自動詞的に用いる。 「白波の八重-・るが上に/万葉集 1168
[可能] おれる
[慣用] 話の腰を- ・ 筆を- ・ ペンを-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

折るの関連キーワード権兵衛が種まきゃ烏がほじくるテレマーク姿勢山折り・山折谷折り・谷折月の桂を折る出端を挫く指を屈する筆を捨てる節を屈する力を入れる膝を屈する節を曲げる押っ圧折る労を執る圧し折る筆を断つ八つ折りぴしぴし捩じ折る二つ折り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

折るの関連情報