コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折る オル

2件 の用語解説(折るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お・る〔をる〕【折る】

[動ラ五(四)]
棒状・板状のものを鋭角的に曲げる。また、そのようにして切り離す。「指を―・って数える」「枝を―・る」
紙や布などの平面状のものを畳んで重ねる。「新聞紙を二つに―・る」
紙や布などを畳み重ねて物の形を作る。「千羽鶴を―・る」
(「筆をおる」などの形で)文筆の業をやめる。
頑固な気持ちを弱める。くじく。「鼻柱を―・る」「我(が)を―・る」
(「骨をおる」などの形で)あるもののために苦労する。「友人の職探しに骨を―・る」
波が幾重にも重なって砕ける。
「今日もかも沖つ玉藻は白波の八重―・るが上に乱れてあるらむ」〈・一一六八〉
[可能]おれる
[動ラ下二]おれる」の文語形。
[下接句]我(が)を折る陰に居て枝を折る高木は風に折らる腰を折る節(せつ)を折る大木は風に折られる月の桂(かつら)を折る角(つの)を折る出端(ではな)を折る七重(ななえ)の膝(ひざ)を八重(やえ)に折る鼻を折る膝(ひざ)を折る一骨(ひとほね)折る筆を折るペンを折る骨を折る指を折る

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おる【折る】

( 動五[四] )
紙・布など平面状・線状のものを鋭く曲げる。また、曲げて重ねる。 「端を直角に-・る」 「千代紙で鶴を-・る」
固い、線状・棒状のものを曲げて切り離す。 「木の枝を-・る」 「足の骨を-・る」
(自分の体を)深く曲げる。 「膝ひざを-・る」 「腰を-・る」
それまでの強い気持ちや態度をかえる。 「我を-・る」 「節せつを-・る」
(波などが)幾重にも重なる。自動詞的に用いる。 「白波の八重-・るが上に/万葉集 1168
[可能] おれる
[慣用] 話の腰を- ・筆を- ・ペンを-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

折るの関連キーワードパスタ選る啜る寝取る分捕る掘る入れ代る折れ曲る勝取るぱく・る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

折るの関連情報