コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山南[町] さんなん

世界大百科事典 第2版の解説

さんなん【山南[町]】

兵庫県中東部,氷上(ひかみ)郡の町。人口1万3984(1995)。加古川中流域にあり,町域の大部分を山林が占めるが,加古川上流佐治川と篠山(ささやま)川の合流点付近の低地には水田が広がる。中心集落は谷川で,福知山線と加古川線の交点にあたる。伝統的な地場産業として釣具,薬草,割りばし檜皮(ひわだ)などの生産がある。工業団地が造成され,近代的な工場の立地も進んでいる。農業は米作のほか,花卉花木の栽培が盛ん。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android