コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山南[町] さんなん

2件 の用語解説(山南[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山南[町]【さんなん】

兵庫県中部,氷上(ひかみ)郡の旧町。大部分は篠山(ささやま)川流域の山地で,製材・パルプ工業が行われ,丹波グリを特産するほか,薬草栽培,織物工業も盛ん。釣具,割箸なども産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんなん【山南[町]】

兵庫県中東部,氷上(ひかみ)郡の町。人口1万3984(1995)。加古川中流域にあり,町域の大部分を山林が占めるが,加古川上流佐治川と篠山(ささやま)川の合流点付近の低地には水田が広がる。中心集落は谷川で,福知山線加古川線の交点にあたる。伝統的な地場産業として釣具,薬草,割りばし,檜皮(ひわだ)などの生産がある。工業団地が造成され,近代的な工場の立地も進んでいる。農業は米作のほか,花卉,花木の栽培が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山南[町]の関連キーワード丹波氷上塩焼上尾桶川蓮田安室永忍近藤正田艇吉氷上娘藤原氷上娘

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone