コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田寺 へいでんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平田寺
へいでんじ

静岡県牧之原市にある臨済宗妙心寺派の寺院本尊釈迦如来弘安6 (1283) 年上杉憲勝が龍峰宏雲を開山として創建した。中世には伏見天皇により寺領安堵され,戦国時代には今川氏足利氏の保護を受けた。国宝として,天平感宝1 (749) 年の聖武天皇勅書を所蔵するほか,永仁4 (1296) 年の伏見天皇の綸旨嘉暦2 (1327) 年の後醍醐天皇の綸旨,永禄4 (1561) 年の今川氏真判物などの古文書を伝える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

平田(へいでん)寺

静岡県牧之原市にある寺院。1283年創建。臨済宗妙心寺派。本尊は釈迦如来。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

平田寺の関連キーワード静岡県牧之原市牧之原(市)空叟智玄霊瑞相良足利

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android