コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平賀[町] ひらか

2件 の用語解説(平賀[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

平賀[町]【ひらか】

青森県南部,南津軽郡の旧町。津軽平野南東端に主集落が発達,弘南鉄道が通じる。米,リンゴ高原野菜を産し,畜産も行う。町域東部は十和田八幡平(はちまんたい)国立公園の一部で,温川(ぬるかわ)温泉は十和田観光の西口。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひらか【平賀[町]】

青森県南部,南津軽郡の町。人口2万3186(1995)。町の西部は津軽平野南東端にあたり,中部から東部一帯は南八甲田連峰や十和田カルデラ外輪山に連なる山地で占められる。開発の古い地域で,鎌倉時代は曾我氏,室町時代には南部氏,近世に入って津軽氏の支配に属した。弘前市と結ぶ弘南鉄道平賀駅前の本町が中心地。平野部では稲作,山麓の緩傾斜地ではリンゴ栽培が盛んで,早くから生産組合出荷組合が組織されていた。東部山地の善光寺平(ぜんこうじたい),大木平(おおぼくたい),軍馬平(ぐんばたい)などは第2次大戦後の開拓地で,高冷地野菜の栽培を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平賀[町]の関連キーワード大鰐温泉津軽国定公園平川弘前鰺ヶ沢今別いなかだてつるたふかうら宇野清左衛門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone