コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廬山寺 ロザンジ

5件 の用語解説(廬山寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろざん‐じ【廬山寺】

京都市上京区にある円浄宗(もと天台宗)の本山。天慶元年(938)良源が北山に創建、与願金剛院と称した。のち、船岡山の南に再興し、廬山天台講寺と改称。その後度々火災にあい、天正元年(1573)現在地に移転。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

廬山(ろざん)寺

京都府京都市上京区にある寺院。天慶年間(938~947)の創建とされる。天台圓浄宗大本山、本尊は阿弥陀如来紫式部邸跡で、庭園は「源氏庭」と呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ろざんじ【廬山寺】

京都市上京区にある円浄宗の本山。山号は日本廬山。938年(天慶1)良源が開創し与願金剛院と称したと伝えるが,不詳。1245年(寛元3)住心房覚瑜(かくゆ)が出雲路に寺を建て廬山と号し,本光が草庵を北小路に結んで講席を開き,明導が両師の跡を継いで2寺を併せたといい,寺地は一条猪熊(いのくま)にあった。明導と次の実導は,ともに法曼流の密教宗と西山流の浄土教を受け,教学を振興させたので,その法流を廬山寺流という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろざんじ【廬山寺】

京都市上京区寺町通にある円浄宗の本山。938年良源の創建。中国の廬山にならって蓮社を結び、天台・浄土・律・真言の道場となったが、現在は天台宗系。応仁の乱によって焼失後、現地に再興。廬山天台講寺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廬山寺
ろざんじ

京都市上京(かみぎょう)区北之辺(きたのべ)町にある円浄宗の本山。日本廬山と号する。本尊は元三(がんさん)大師自作像。938年(天慶1)元三大師(慈慧(じえ)大師良源(りょうげん))が北山に与願金剛(よがんこんごう)院を開いたのが始まりという。1245年(寛元3)船岡山南麓(ろく)に移り、覚瑜(かくゆ)が再興。寺号も廬山天台講寺となった。その後応仁(おうにん)の乱などで火災にあい、現在地に移転した。寺宝の慈慧大師自筆遺告は国宝。絹本着色普賢十羅刹(ふげんじゅうらせつ)女像、木造如意輪観音半跏(にょいりんかんのんはんか)像、紙本墨書後伏見(ごふしみ)天皇宸翰(しんかん)御願文、紙本墨書選択(せんじゃく)集、紙本墨書正親町(おおぎまち)天皇宸翰女房奉書、慈慧大師二十六箇条起請は国重要文化財に指定されている。現在地は紫式部の住居跡である。節分会に行われる「鬼の法楽(ほうらく)」とよばれる悪疫退散は有名。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

廬山寺の関連キーワード相国寺大報恩寺仏光寺法然院妙顕寺要法寺善峰寺清浄華院妙覚寺本法寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廬山寺の関連情報