コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延喜・天暦の治 えんぎ・てんりゃくのち

3件 の用語解説(延喜・天暦の治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

延喜・天暦の治
えんぎ・てんりゃくのち

正暦4 (993) 年,大江匡衡 (まさひら) が,一条天皇に奉った奏状のなかで,醍醐天皇の延喜 (901~922) と村上天皇の天暦 (947~956) の時代を賛美したので,以後この時期を,公家政治の黄金時代として,このように呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

延喜・天暦の治【えんぎてんりゃくのち】

延喜は醍醐天皇の,天暦は村上天皇の治世で,両治世を後世に理想化した呼称。班田の励行,荘園の新立禁止,国史(《日本三代実録》)の編集,《古今和歌集》の勅撰,格式(きゃくしき)の編集などが天皇親政下で行われた。
→関連項目建武新政平安時代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

延喜・天暦の治
えんぎてんりゃくのち

醍醐(だいご)、村上(むらかみ)両天皇の治世を聖代として賛美した呼称。延喜(901~923)は醍醐朝の、天暦(947~957)は村上朝の代表的年号で、両朝ともほぼ摂政(せっしょう)、関白(かんぱく)を置かず、天皇親政の形をとった。すでに清和(せいわ)天皇の治世(858~876)をたたえて「貞観(じょうがん)之政」と称した記述が『三代実録』にみえるが、村上天皇の没後数年にして早くも「延喜聖代」あるいは「延喜天暦二朝之故事」を追慕する文言がみえ、宮中清涼殿(せいりょうでん)には両天皇の日記を二代御記と称して常備し、政務、故実の鑑(かがみ)とした。初めは両朝の文化的事績を高く評価する学者、文人の言説からしだいに一般廷臣の間に広まり、さらに摂関勢力の衰退に伴い、両朝を皇室と藤原氏の蜜月(みつげつ)時代と懐古賛仰する風潮も現れた。その後、武家政権を倒し、摂関政治も院政も否定した後醍醐(ごだいご)天皇(在位1318~39)は、延喜・天暦の治世を天皇親政の理想像として高く掲げ、後醍醐および次代後村上の追号を生む原因にもなった。[橋本義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延喜・天暦の治の関連キーワード大江匡衡江侍従江家文庫大江維順大江隆兼大江時棟大江匡範大江以言藤原正家

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone