(読み)えり

精選版 日本国語大辞典「彫」の解説

えり ゑり【彫】

〘名〙 (動詞「える(彫)」の連用形の名詞化)
① ほり刻むこと。ほり。
源氏(1001‐14頃)行幸「ゑり深う、強う、固う書き給へり」
矢筈(やはず)の部分の名称。弦をかけるため矢筈の上部を削ってへこましたところ。(へら)の端にそのまま彫りこんだものと、角(つの)や木に彫りを入れて篦に取り付けたものとがある。
③ 柱のくぼみ(日葡辞書(1603‐04))。

ほり【彫】

〘名〙 (動詞「ほる(彫)」の連用形の名詞化)
① 彫ること。彫り具合。彫り方。また、彫ったもの。
※花ごもり(1894)〈樋口一葉〉五「彫(ホ)りのぱちんの金具は滝に鯉」
② 彫ったような凹凸(おうとつ)
※大道無門(1926)〈里見弴〉遠雷「日本人には珍しく彫(ホリ)の深い、いい顔だちでした」

えじく・る ゑじくる【彫】

〘他ラ四〙 ほる。ほじくる。
※談義本・穴意探(1770)「古実作法も弁へず、ふしといへば目をせせって厘毛を争ひゑじくり悪ふ山といふ文句には山の様にふしを打(うち)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android