(読み)えり

精選版 日本国語大辞典「彫」の解説

えり ゑり【彫】

〘名〙 (動詞「える(彫)」の連用形の名詞化)
① ほり刻むこと。ほり。
源氏(1001‐14頃)行幸「ゑり深う、強う、固う書き給へり」
矢筈(やはず)の部分の名称。弦をかけるため矢筈の上部を削ってへこましたところ。(へら)の端にそのまま彫りこんだものと、角(つの)や木に彫りを入れて篦に取り付けたものとがある。
③ 柱のくぼみ(日葡辞書(1603‐04))。

ほり【彫】

〘名〙 (動詞「ほる(彫)」の連用形の名詞化)
① 彫ること。彫り具合。彫り方。また、彫ったもの。
※花ごもり(1894)〈樋口一葉〉五「彫(ホ)りのぱちんの金具は滝に鯉」
② 彫ったような凹凸(おうとつ)
※大道無門(1926)〈里見弴〉遠雷「日本人には珍しく彫(ホリ)の深い、いい顔だちでした」

えじく・る ゑじくる【彫】

〘他ラ四〙 ほる。ほじくる。
※談義本・穴意探(1770)「古実作法も弁へず、ふしといへば目をせせって厘毛を争ひゑじくり悪ふ山といふ文句には山の様にふしを打(うち)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「彫」の解説

ちょう【彫】[漢字項目]

常用漢字] [音]チョウ(テウ)(呉)(漢) [訓]ほる
模様や文字をほり刻む。「彫刻彫塑彫像彫琢ちょうたく木彫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android