コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰める ツメル

デジタル大辞泉の解説

つ・める【詰める】

[動マ下一][文]つ・む[マ下二]
容器などに物を入れていっぱいにする。ぎっしり入れてすきまがないようにする。「衣装を―・めた鞄(かばん)」「料理を重箱に―・める」
穴やすきまに物を入れてふさぐ。「虫歯を―・める」
長さを短くする。寸法や間隔を縮める。「着物の丈(たけ)を―・める」「細かい字で―・めて書く」「席を―・めて座る」
節約する。きりつめる。「生活費を―・める」「経費を―・める」
最後の所まで行く。「沢筋を―・める」
十分に検討し尽くして物事の決着がつくようにする。煮つめる。「話を―・める」「議論を―・める」
将棋などで、王将の逃げ場がないようにする。「王手王手で敵玉を―・める」
たゆまずその事を続けてする。かかりきりになる。「―・めて仕事をする」「根(こん)を―・める」
(「息をつめる」の形で)呼吸を止める。「息を―・めて成り行きを見守る」
10 (「指をつめる」の形で)謝罪などの意志を表すために指を切り落とす。関西地方では、ドアなどに指をはさむことをいう。「指を―・めてわびを入れる」
11 決まった場所に出向き、用事に備えて待機する。出仕して控えている。「首相官邸に―・める」「持ち場に―・める」
12 (動詞の連用形に付いて)
㋐身動きできないような状況に追いこむ。行きづまらせる。「問い―・める」「追い―・める」
㋑最後・限度まで…する。また、休みなく続けて…する。「のぼり―・める」「通い―・める」
㋒一面に…する。「敷き―・める」「タイルを貼り―・める」
[下接句]息を詰める石で手を詰める根(こん)を詰める道理を詰める指を詰める

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つめる【詰める】

( 動下一 ) [文] マ下二 つ・む
容器に物を、すき間がないように入れる。いっぱいに入れる。 「おせちを重箱に-・める」 「弁当を-・める」
穴やすき間に物を入れてふさぐ。 「すき間に新聞紙を-・める」
長さや間隔を縮める。
短くする。 「寸法を-・める」 「ズボンの丈たけを-・める」
間隔を縮める。 「行間を-・める」 「中ほどへお-・め下さい」
倹約する。切りつめる。 「生活を-・める」 「随分わしが身を-・め/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡
通じないようにする。 「逸見の声である。僕は息を-・めてゐた/ヰタ・セクスアリス 鷗外
(「根こんをつめる」の形で)ある物事を、長時間にわたって気力を集中して行う。「根を」を略した形も用いる。 「あまり根を-・めると体にさわる」 「猛暑のさなかに-・めて仕事をしたのがいけなかった」
十分な考察や検討などをして遺漏や手抜かりのないようにする。 「話を-・める」
将棋で、敵の王将の逃げ場がないようにする。 「金銀三枚で-・める」
決められた場所に出向いて、待機する。 「交番に-・めている」 「交代で病院に-・める」
動詞の連用形の下に付いて用いられる。
絶え間なく…する。 「働き-・める」 「毎日通い-・める」
徹底して…する。全面的に…する。 「思い-・める」 「張り-・める」
…して相手を窮地に追い込む。 「追い-・める」 「問い-・める」
相手に迫り近づく。追いつめる。 「やがて-・めて走りかかりければ/宇治拾遺 2」 〔「詰まる」に対する他動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

詰めるの関連キーワードインターロッキング舗装詰め替える・詰替えるカスタードクリームスタッフィング樽詰め・樽詰タルトレット詰め物・詰物パッキングケーシングコーキング息を凝らすフィリング脇を塞ぐスタッフぎっしりインレー廂の御所ボトラー詰替えるサッカー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詰めるの関連情報