流涕(読み)りゅうてい

精選版 日本国語大辞典「流涕」の解説

りゅう‐てい リウ‥【流涕】

を流すこと。激しく泣くこと。
万葉(8C後)二・二〇三・題詞「但馬皇女薨後穂積皇子冬日雪落遙望御墓悲傷流御作歌一首」
梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「かく露たがはぬ事の、ものの筋あはれなる事とて流涕するを」 〔戦国策‐燕策・王喜〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「流涕」の解説

りゅう‐てい〔リウ‐〕【流×涕】

[名](スル)涙を流すこと。また、激しく泣くこと。
「―して泣くという動作には」〈寅彦・自由画稿〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android