志賀直哉(年譜)(読み)しがなおやねんぷ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀直哉(年譜)
しがなおやねんぷ

1883(明治16)2月20日、宮城県石巻で誕生
1885(明治18)一家で上京、祖父母の家に同居。祖父は旧相馬藩士で、足尾銅山の開発も行った
1889(明治22)学習院初等科に入学
1895(明治28)8月 母死去、義母を迎える
1901(明治34)夏、内村鑑三を訪ね、以来7年間出入りする。足尾銅山鉱毒地を視察に行こうとして父と衝突
1902(明治35)学習院で武者小路実篤、木下利玄らを知る
1906(明治39)9月 東京帝国大学英文科に入学、里見と親しくなる
1910(明治43)4月 武者小路らと同人雑誌『白樺』を創刊、『網走まで』発表。6月『剃刀(かみそり)』発表。大学を退学する
1911(明治44)4月『濁つた頭』発表
1912(大正1)9月『大津順吉』『クローディアスの日記』発表。10月 父との不和から家を出、広島県尾道に住む。『暗夜行路』の前身『時任謙作(ときとうけんさく)』に着手
1913(大正2)1月『清兵衛と瓢箪(ひょうたん)』発表。8月 電車にはねられ負傷する。10月『范(はん)の犯罪』発表。傷の養生のため城崎温泉へ
1914(大正3)夏、伯耆大山に登る。12月 武者小路の従妹康子(さだこ)と結婚
1915(大正4)9月 千葉県の我孫子に住む
1917(大正6)5月『城の崎にて』発表。8月『好人物の夫婦』発表。父との不和解ける。9月『赤西蠣太(かきた)』発表。10月『和解』発表
1920(大正9)1月『或る男、其姉の死』連載(~3月)。『小僧の神様』発表。9月『真鶴』発表
1921(大正10)1月『暗夜行路』前編発表(~8月)
1922(大正11)1月『暗夜行路』後編を断続連載
1925(大正14)京都時代を経て、4月 奈良に移り住む
1926(大正15)6月 美術図録『座右宝』を出版
1933(昭和8)9月『万暦赤絵』発表
1937(昭和12)4月『暗夜行路』後編の最終部分を一挙に発表、完成する
1941(昭和16)7月 日本芸術院会員
1946(昭和21)1月『灰色の月』発表
1949(昭和24)11月 文化勲章受章
1954(昭和29)1月『朝顔』発表
1971(昭和46)10月21日死去。青山墓地に葬られる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android