コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵那[市] えな

2件 の用語解説(恵那[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

恵那[市]【えな】

岐阜県南東部の市。1954年市制。木曾川中流の美濃三河高原中にあり,中山道の宿場町であった大井町とその西の長島(おさしま)町に市街が発達。中央本線と明知(あけち)鉄道の分岐点で中央自動車道が通じ,製紙・パルプ工業のほか1960年代から一般機器,非鉄金属などの工業も成長している。
→関連項目根ノ上高原

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えな【恵那[市]】

岐阜県南東部の市。木曾川をはさんで南北にひろがる。1954年大井,長島の2町と東野,三郷,武並,笠置,中野方,飯地の6村が合体して市制。人口3万5687(1995)。県総合庁舎をはじめ多くの行政機関があり,東濃東部の行政中心地である。中心市街地は旧中山道の主要宿駅であった大井とそれに隣接する長島地区で,1902年中央本線が開通してからしだいに拡大した。周辺部はなだらかな丘陵地帯で集落が散在する。60年代からパルプ,紙,精密機械食品工業などの工場が進出し,木材工業も行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

恵那[市]の関連キーワード恵那峡木曾川木曾山脈飛騨川美濃三河高原足立恵那土岐羽島瑞浪

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone