コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意義素 いぎそsememe

翻訳|sememe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

意義素
いぎそ
sememe

それぞれの言語単位に一定して結びついている意義。この場合の言語単位は,形態素とするもの (L.ブルームフィールド ) ,単語とするもの (服部四郎 ) ,単語および統合型とするものなど,学者によって定義が異なり,またその内容も完全には一致しないが,いずれにせよ,場面・文脈による変容にもかかわらず一定したあるいは基本的な意義というものが各言語単位には存在する,ということを前提にする点では一致する。一方,このように形態上の単位から出発してそれの意義ということで意義素を定義するのではなく,独立した意義のレベルの単位ということでまず意義素を定め,それから形態上の単位との結びつきの規則を調べようとする立場 (S.ラム) もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いぎ‐そ【意義素】

《〈フランスsémantème言語学で、語や形態素など、一定の形態に対応する意味上のまとまり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぎそ【意義素】

語の意味を扱う言語学の一分野で、個々の語には一回ごとの具体的な用法の制約を離れても一定の基本的意味がある、とする立場から設定される意味的単位。意味成分。
〔sememe〕 形態素が表す意味。意味素。 → 形態素
フランス sémantème; semanteme〕 実質的意味を表す単語または単語の形の一部分。意義部。 ↔ 形態素

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

意義素
いぎそ

ある語の典型的用法と感じられるものだけを取り出し、場面や文脈の影響で変容したと考えられる部分を取り除いたあとに残る、その語固有の意味。これは、語の使用者の大部分が、共通して社会習慣的に結び付けている心的内容ということもできる。意義素は、さらに小さい要素である意味特徴に分析されうる。意義素を規定する条件は、第一は体系的なもので、他の語との区別に必要な要素は最小限度含まれる。第二は用法上のもので、場面や文脈上の使用制約が含まれる。具体的な事物をさす名詞などの場合には、これでは不十分なことがあり、社会・文化的知識の形で意味要素が加えられることがある。その外縁ははっきりとはしておらず、徐々に共通性が落ちていくという形をとる。意義素を構成する意味特徴相互の間では重要度が異なることがあり、主要なものと周辺的なものが区別される。具体的使用に際しては、一部の意味特徴が抑圧されて用いられないことがあるが、ここにも程度差が認められる。意義素の概念は、最初、服部(はっとり)四郎により1953年(昭和28)に提唱され、最近になって外国でも似たような考え方がなされるようになった。[国広哲弥]
『服部四郎著『言語学の方法』(1960・岩波書店) ▽国広哲弥著『意味論の方法』(1982・大修館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

意義素の関連キーワード詞と辞意味素

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android