懸河(読み)けんが

精選版 日本国語大辞典「懸河」の解説

けん‐が【懸河】

〘名〙
① 傾斜が急で水が滝の落ちるように早く流れる川。奔流。急流。早瀬。
※本朝文粋(1060頃)三・陣徳行〈紀淑信〉「早起思風於為山之材。莫疑冰於懸河之口」 〔梁書‐武帝紀〕
② 弁舌のよどみのないさまのたとえ。→懸河の弁。〔布令字弁(1868‐72)〕
※火の柱(1904)〈木下尚江〉三「懸河滔々たる老女の能弁を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android